小型無人航空機(ドローン)を使用して、建築物の調査、工場の全景、被災地・がけ崩れ・ 河川の氾濫状況、建設現場の全景(作業工程を記録)、橋梁やダムのコンクリート壁面の メンテナンス、大型施設の全景と観光案内PRなど展開しています。

小型無人航空機(ドローン)とは

ドローンとは、遠隔操作で飛行させることができる小型無人航空機です。元々は軍事用に開発されたものが一般用に小型化して普及し始め、物資を届けるなどの物流、カメラを搭載して空撮・監視・観測など様々な用途で使用されています。

ところが普及するにつれ、落下事故や危険な迷惑行為などが問題となり、2015年12月10日より国土交通省による通称ドローン規制法(改正航空法)が施行されました。

「禁止エリア」「禁止ルール」の条件でドローンの飛行が制約されるようになりました。ただし、国土交通省より特別な許可をうければ飛行は可能です。

​吉紀コーポレーションでは、この「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」を取得しています。

1/1

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)認定の『操縦技能証明証』『安全運航管理者証明証』を取得しています。私たちはドローンを安全に飛行させるための知識と操縦技能、運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理します。

国土交通省『無人航空機の飛行に係る許可・承認書』を取得しているので、全国各地でいつでも飛行が可能です。

​​⇒許可証をみる

ドローンによる

​作業工程を記録したタイムラプス

矢印ボタンで作業工程をご覧いただけます。

完成図

​住

完成図

矢印ボタンで作業工程をご覧いただけます。

■建築物の測量・調査

ドローンで低空飛行しながら連続撮影したデジカメ写真をもとに、画像解析を行い、三次元モデルを作成する技術です。従来までの航空機や衛星画像を用いた航空写真測量と比べて、短時間で高密度な3次元測量を行います。

■建設現場の全景(作業工程を記録)

建設・土木現場の全体写真(作業工程を記録したタイムラプス)記録に利用できます。

■災害現場の測量・調査

災害現場(被災地・がけ崩れ・河川の氾濫状況)、足場が悪く立ち入りが困難な山間部、などの状況確認や捜索活動にも活用が期待できます。

吉紀コーポレーション株式会社|徳島・四国・西日本エリアの高所堀削・高所法面施工、ドローン、建設

吉紀コーポレーション株式会社 〒771-1252 徳島県板野郡藍住町矢上字北分12-8 TEL.090-5266-9600