​ドローン空撮・測量
その他の機材
IMG_4453.jpg
IMG_0590.jpg
図1.png
5.jpg
%2525E5%252590%25258D%2525E7%2525A7%2525
%25E5%2590%258D%25E7%25A7%25B0%25E6%259C
DJIファントムRTKによる空撮・測量

DJI INSPIRE1 PRO+Zenmuse Z3(ズームカメラ)

三脚付き基地局:D-RTK 2 モバイルステーション

3D レーザースキャナー GLS-2000

RTK方式とは

「RTK」とは『リアルタイムキネマティック』の略で、地上に設置した「基準局」からの位置情報データによって、高い精度の測位を実現する技術のことです。

「RTK」は、一般的に「RTK-GNSS」という表記がされています。この「GNSS」とは「汎地球測位航法衛星システム」のことで、GPSなど、衛星を用いた測位システムの総称のことです。

通常、GPSのみの場合、位置情報データは2メートル前後の誤差となりますが、このRTKを組み合わせることで、数センチ内の誤差に抑えることが可能になります。

図2.png

従来、ドローンはGNSSの電波を常に受信することで自己の位置を把握していましたが、RTK搭載の機体はさらに飛行場所の周辺にある電子基準点からの補正情報を組み合わせて、ドローン自身(移動局)の位置をcm単位でリアルタイムに決定することができます。

これにより的確な位置での測量を実現し、さらに測量現場に基地局を設けなくてよく、コストと時間の削減にもつながります。

これまで測量士が機材を持って移動しながら移動局として測量していたものが、そのままドローンに置き換わることになります。

※国土地理院Webサイトより引用

広島県江田島市 災害復旧現場

施工前の現況をドローン測量、3Dレーザースキャナーなどにより計測

IMG_3858.jpg

施工中の様子

吉紀コーポレーション ドローンMG_4974
press to zoom
吉紀コーポレーション ドローン
press to zoom
吉紀コーポレーション ドローン
press to zoom
1/1

掘削工事完了後に再度の計測

吉紀コーポレーション ドローン
press to zoom
吉紀コーポレーション ドローン
press to zoom
1/1

空撮したデータをもとに地形の3Dデータを作成し、現況の地盤線から一定の高さでドローンが飛行するためのデータを作成してRTK測量を開始します。

施工前の座標データと、ドローン測量で得られたデータをもとに土工数量を算出します。

この現場のように、安全面を確保するために施工した仮設モルタルの吹付面積なども算出することが可能です。

RTK測量を開始するためのドローンの飛行計画

ドローン測量からの3Dデータをもとに土工数量を算出

吉紀コーポレーション ドローン
press to zoom
2
press to zoom
1/1
IMG_0587.jpg

ドローンの飛行経路設定

111.jpg